保湿クリームを選ぶポイントは?

保湿クリームといってもたくさんの種類があります。


選ぶときのポイントですが、保湿が目的である以上は最強の保湿成分といわれるセラミドが配合されたものを選ぶのがいいと思います。 セラミドは油溶性ということもあり、クリームに配合されているケースが多いのでセラミド配合の美容液を探すより見つけやすいはずです。


セラミドは肌にもともと存在する成分であり、肌のうるおい保持になくてはならない成分ですが加齢と共に減少していきます。 年齢とともに肌の水分保持力が低下して肌が乾燥するようになるのはセラミドが減少してくるからです。


お肌の水分を保持するためだけでなく、外部刺激から肌を守るうえでもセラミドというのは必要になる成分ですから不足してしまう分は 外部から補ってあげる必要があるのです。飲むよりも塗るほうが即効性もありますし、必要な部位にセラミドを届けることができます。


セラミドはもともと肌に存在する成分ということもあって乾燥が強く、刺激に敏感になった肌や肌荒れを起こしている最中、アトピー肌であっても使えます。(※体液が出ている状態では不可)。


乾燥肌や年齢肌がうるおいを取り戻す目的で利用する以外にも敏感肌やアトピー肌のバリア機能を立て直す目的でも利用できますから肌が乾燥する人だけでなく、肌が弱くデリケートな人にとってもセラミド配合の保湿クリームは重宝するはずです。

保湿クリーム選びのポイント:ヒト型セラミド配合のものを選ぶ!

冬の乾燥、加齢による肌の乾燥状態や敏感肌状態に一番使いたいのがセラミドです。


さて、実際にセラミド配合の保湿クリームを選ぶ場合、注意しないといけないポイントがあります。それはセラミドには種類があるということです。 天然セラミドやバイオセラミド、植物性セラミドや合成セラミドといったものがあり、種類が違えば効果も違ってきます。


どれを選べばいいかということですが、成分表示をみて「セラミド3」「セラミド6」というように数字が入っているものを選ぶようにすると失敗しません。 数字入りのセラミドはヒト型セラミドといって人の肌にあるのと同じ構造をしているため浸透力もあり、刺激も少ない特徴があるからです。


一番安心して使える&一番即効性があるのもセラミド=ヒト型セラミドといっていいと思います。


セラミドを意識した保湿クリームには実はもう1つのタイプがあって、それはセラミドを増やす効果のある有効成分を配合したクリームを使うということです。 ライスフォースNO.11やユーカリエキスなどは肌にあるセラミドを増やす作用がある成分として有名ですよね。


セラミド保湿が最も効果のある保湿方法ですが、直接セラミドを補うというアプローチもあれば肌にあるセラミドを強化するというアプローチもあるということを覚えておくといいと保湿クリーム選びの選択肢の幅も広がるのではないかと思います。


セラミド配合の保湿クリームで人気あるのは?! 詳しくはコチラ(゚∀゚).
Copyright © 2013 セラミド配合クリームランキング【フェイス用】<Best3>(゚∀゚).· All Rights Reserved·