保湿ケアには化粧水は必要ない!?

肌の乾燥が目立つようになると、保湿をするために化粧水をたくさんつけてみたり、コットンパックにして乾燥している箇所に貼っているという人も多いはずです。 残念ながらそういう水分を補うことを保湿だと思っているかぎり肌の乾燥は改善しません。


化粧水を中心にスキンケア行っているのは日本ぐらいなもので欧米など日本よりずっと空気が乾いて乾燥している地域ではスキンケアというとクリームが主役です。 化粧水とクリームを比べると有効成分の含有量に雲泥の差があるので効果自体、比べものにならないんです。もちろんクリームのほうが効果は上だという意味です。


そのため皮膚科の先生なんかは洗顔後、クリームだけ塗っていれば保湿は十分だといいますよね。


多くの方は洗顔後に化粧水をしっかりと手のひらやコットンで肌にパッティングをして整えた後、保湿クリームや乳液を上から重ねて 蓋をしてあげることが正しい保湿だと思っていますが、ちょっとこれはもう古い時代の方法です。


皮膚科の先生がいう保湿方法と化粧品メーカーや息のかかった人がいう保湿方法のどちらを信じるかはその人次第ですが、 皮膚科の世界においては保湿に化粧水は必要なく、クリームだけで十分だと考えられているということはとりあえず覚えておいてください。

保湿クリームには有効成分がたっぷり含有されています。

なぜ、頑張って保湿しても乾燥が改善しないかというと化粧水で保湿できると思っているからです。


化粧水は成分をみてもわかりますが、基本的にはただの水です。水分を肌に浸透させれば肌はうるおうと思っている人が多いんですが、 肌が乾燥するのは肌内部で水分を保持できなくなっていることが原因なので肌に水分を与えたところで全部蒸発します。


頑張って化粧水をたくさん重ね塗りしてもローションパックをしても時間が経つと乾いてくるのは与えた水分すべてが蒸発しているからです。 乾燥肌は水分が足りない肌ではなくて、水分を保持できなくなっている肌だということを覚えておく必要があります。


保湿というのは結局のところ肌の水分保持力を高めるケアに他なりません。


そのためには肌の水分保持力を高めてくれるセラミドなどの有効成分を肌に与えるのが効果的であり、そのためには有効成分の含有量が多い美容液やクリームを使ってお肌をケアしないといけなくなります。


よくクリームの役割を化粧水で水分を与えた肌から水分が蒸発しないように蓋をするものだと思っている人がいますが、 クリーム自体に含まれている有効成分で肌トラブルに働きかけることができるというのが正しい認識です。


肌の水分保持力を高めてくれるのは油分でもなく水分でもなく、有効成分の働きによるものですからより有効成分を含有するアイテムを中心にスキンケアするほうが効果を実感できるというのはいうまでもありません。


保湿力に定評があるクリームの選び方 詳細はコチラ
Copyright © 2013 セラミド配合クリームランキング【フェイス用】<Best3>(゚∀゚).· All Rights Reserved·